スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前納金返還認めず 4月以降 入学辞退側が逆転敗訴 最高裁(産経新聞)

 藤田保健衛生大学医学部(愛知県豊明市)の推薦入試に合格後、4月以降に入学を辞退した場合でも、大学側に前納された授業料などの返還義務があるかが争われた訴訟の上告審で、最高裁第3小法廷(田原睦夫裁判長)は30日、辞退者側が勝訴の2審判決を破棄、逆転敗訴とする判決を言い渡した。

 前納金をめぐっては、平成18年11月の最高裁判決が「入学年度前の3月中に辞退を表明した場合、大学側は原則として授業料などの返還義務を負う」と判断。4月以降の辞退でも、例外的に返還が認められる場合があるかどうかが焦点だった。2審判決は入学金を除く約700万円の返還を命じた。

 20年9月の1審大阪地裁判決は辞退者側の請求を棄却。これに対し、昨年4月の2審大阪高裁判決は、衛生大が補欠者について「4月7日までに通知がなければ不合格になる」と募集要項に記載していた点などを挙げ、4月5日に届けた辞退者側の請求を認めていた。

【関連記事】
赤星元選手の野球チーム元選手、賠償請求を棄却 大阪地裁
名門野球部に何が? 逮捕者3人で失墜した関西大の名声
通学費、塾、修学旅行も…年50万~100万円
学資ローン、新たな収益源 オリコなどカード大手が提携校拡大
高校無償化の問い合わせ目立つ 全教の緊急電話相談

北九州の鉄工会社社長、資材置き場で殺される(読売新聞)
<空自談合>初の改善措置要求 公取委(毎日新聞)
がけ下に頭部のない女性遺体=スーツケースに入れられ-石川県警(時事通信)
<仙谷担当相>首相官邸内に執務室 首相との面会頻繁で(毎日新聞)
長官銃撃事件前後の詳細判明 「敵の仇は敵にやらせる」(産経新聞)

当直医師を書類送検=必要検査せず女性死亡-業過容疑で警視庁(時事通信)

 2005年4月、救急搬送された女性=当時(26)=に必要な検査をせず、死亡させたとして、警視庁捜査1課は29日、業務上過失致死容疑で、搬送先の病院で当直勤務していた医師(50)を書類送検した。 

【関連ニュース】
受け入れ拒否が大幅減=救急搬送で妊婦・新生児
救急搬送で骨折、730万円賠償命令=隊員の過失認める
姉夫婦を傷害致死で逮捕=同居の妹に暴行の疑い
体内に覚せい剤隠す=機内で苦しみ発覚、組員逮捕
はり治療後に女性死亡=業過致死容疑で鍼灸院捜索

トキ、290キロ離れた福井に=放鳥以来最も遠く-環境省(時事通信)
<足利事件>菅家利和さんに無罪判決 宇都宮地裁(毎日新聞)
生方氏解任、タイミング悪い=仙谷氏(時事通信)
判決文偽造し詐欺、元家裁書記官に懲役11年(読売新聞)
<平野官房長官>中井国家公安委員長を口頭で厳重注意(毎日新聞)

米国立墓地で献花=岡田外相(時事通信)

 【ワシントン時事】岡田克也外相は28日午後(日本時間29日未明)、ワシントン郊外のアーリントン国立墓地を訪れ、無名戦士の墓に献花した。外相は、イラクとアフガニスタンで戦死した米兵の墓のある一角にも足を運び、犠牲者を追悼した。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

<福知山線事故>遺族の思い届く 歴代3社長起訴議決 (毎日新聞)
看護師を殺人未遂容疑で再逮捕へ=京大病院インスリン投与-府警(時事通信)
<前原国交相>4全総の高速道計画の縮小を示唆
鳩山首相「デフレ克服に全力」(時事通信)
<日本ファッション・ウィーク>東京ミッドタウン中心に開幕(毎日新聞)

<訃報>成田薫さん100歳=元名古屋高裁判事(毎日新聞)

 成田薫さん100歳(なりた・かおる=元名古屋高裁判事、元日本尊厳死協会理事長)26日、急性腎不全のため死去。葬儀は29日正午、名古屋市東区久屋町8の6の日本キリスト教団名古屋中央教会。喪主は次男清(きよし)さん。

 1969年福井地裁所長、72年岐阜地家裁所長。74年退官し弁護士。名古屋高裁判事だった62年、父を殺害し尊属殺人罪に問われた男性に嘱託殺人罪を適用して執行猶予付き判決を言い渡した。この際、世界で初めて「安楽死の6要件」を明示したことで知られる。また63年、同高裁で再審無罪となった「吉田厳窟(がんくつ)王事件」の主任判事も務め、テレビカメラの撮影を許可した法廷の判決で、被告人の吉田石松さんに謝罪した。

<自民党>鳩山邦夫氏の離党届を受理…処分は見送り(毎日新聞)
村田良平氏死去 元駐米大使、日米の核密約について証言(産経新聞)
民主、2人目の擁立断念…参院選新潟選挙区(読売新聞)
<鳥取不審死>上田容疑者を強盗殺人罪で追起訴(毎日新聞)
トキ、290キロ離れた福井に=放鳥以来最も遠く-環境省(時事通信)

京大病院インスリン事件 看護師を殺人未遂容疑で再逮捕 京都府警(産経新聞)

 京都大学付属病院(京都市左京区)で入院中の女性患者(94)が一時意識不明になり、血中から高濃度のインスリンが検出された事件で、京都府警は21日、不必要なインスリンを多量に投与したとして、殺人未遂容疑で同病院の看護師、木原美穂容疑者(24)=同区吉田下阿達町=を再逮捕した。府警によると、ほかの患者数人にも不必要な薬を投与したことをほのめかしているという。

 逮捕容疑は昨年11月14~16日、女性に多量のインスリンを投与し低血糖状態に陥らせ、殺害しようとしたとしている。女性はその後回復し、退院している。

 府警によると、木原容疑者は3日間に少なくとも2回、点滴からインスリンを投与したと認めており、「自分の勤務時間に患者の急変が多いことをからかわれたり、職場の人間関係に悩んでいた。なぜ投与したかうまく説明できない。申し訳ないことをした」と供述しているという。

 病院関係者によると、木原容疑者は長野県の看護大学を卒業後、同病院に就職し2年目だった。おとなしく無口で、上司に言われた仕事を淡々と完璧(かんぺき)にこなし、周囲からは「まじめ」「優秀」と評価されていたという。

 再逮捕を受けて同日、京大病院の一山智副病院長らが会見し「被害に遭った方々にわびたい」と謝罪。病院側の聞き取り調査で、現場から「昨年8月以降、木原容疑者の担当する患者の急変が多い」という声があったことを明らかにした。

【関連記事】
カルテ虚偽記入の疑いで京大病院の看護師を逮捕 京都府警
「ダイナマイト」張り紙リュック、中身は衣類 京大病院
患者が3日続けて低血糖に 故意にインスリン投与か
京大病院で入院患者急変、高インスリン 殺人未遂で捜査
睡眠薬混入の元京大病院医師に実刑判決

特別支援学校教諭ら逮捕=中1男子を買春容疑-警視庁(時事通信)
「自由な発言の中にも立場」と原口総務相、生方氏解任問題で(産経新聞)
仕分け、特別民間法人も対象=枝野担当相(時事通信)
<日米密約>衆院委で参考人質疑「文書リスト引き継いだ」(毎日新聞)
地下鉄サリン事件15年、遺族や関係者が献花(読売新聞)
プロフィール

Author:はがひとし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。